バンガード五郎 ETFを買う

バンガードの低コストインデックスファンド・ETFをバイ&ホールド

iDeCo運用中にかかるコストに気をつけろ

f:id:iceman893:20180903210251j:plain

バンガード五郎です。

老後資金を自分で作るお得な制度iDeCoはメリットばかり取り上げられることが多いのですがiDeCoの運用中コストについて考えます。

iDeCoのメリットをおさらい

1.掛け金が所得控除される

個人型確定拠出年金(iDeCo)で積み立てた掛金は、全額が所得控除の対象となり、「所得税」と「住民税」が軽減されます。
自営業者は確定申告、会社員の場合は年末調整で対応できます。

節税額は、年収や掛金に応じて変動しますが、積み立てる全期間に適用されますので、下記のように大きな節税メリットが見込めます。

2.運用中に得た利益は非課税

投資信託などの金融商品で運用する場合、通常だと20.315%の税金がかかります。しかし、確定拠出年金で運用した場合には、運用益がすべて非課税になります。
本来は税金として引かれるはずの運用益も再投資されますので、通常よりも有利にお金を増やすことができます。

3.運用した資産を受け取る時にも節税メリットが受けられる

60歳以降、積み立てた資金を受け取るときは、年金か一時金で受け取れます。
年金で受け取る場合は「公的年金控除」、一時金で受け取る場合は「退職所得控除」が適用され、税制優遇が受けられます。

(楽天証券より)

 

運用中のコストについて

iDeCoの運用中には以下のような手数料がかかります。

f:id:iceman893:20180903180836p:plain

 

 iDeCoを始めるのににかかる最初の費用は①+③+④=2,944円となります。

この金額は初回の拠出金から差し引かれますので、1万円の拠出なら初回積立額は実質7,056円だけになってしまいます。

なお②については無料の証券会社も多いので加味していません。

 

例)20年積み立てた場合の手数料

初回のみ①=2,777円(ア)

20年✕③=24,720円(イ)

20年✕④=15,360円(ウ)

(ア)+(イ)+(ウ)=42,857円

積み立てた拠出金の額にかかわらず20年間でこれだけのコストがかかります。しかも運用益があるなしに関係なく拠出金から引かれます。ですから20年で42,857円以上の運用益を出さなければマイナスになってしまいます。

例)毎月5,000円拠出した場合

加入手数料は考えないという前提としても毎月5,000円の積み立てをするのに167円のコストがかかってしまいます。(③103円+④64円)この金額は拠出した5,000円の実に3.3%もの金額になり手数料負けは明らかです。しかも積み立てた拠出金を減らしたくないということで元本保証型の商品を選択してしまうと、金利が年率0.01などの定期預金では毎月マイナスになってしまいます。実際は掛け金が所得控除されるため単純に損得の比較はできませんが、こういったことを理解してiDeCoを始めたほうが良いでしょう。

 

まとめ

メリットも多いiDeCoですが運用にかかるコストも馬鹿にできないことがわかりました。また元本保証型の定期預金のような商品では税制優遇制度のメリットを最大限に活かせないということになります。そして拠出金が少ないとコスト負けしてしまうということもありコスト率を下げようとすれば限度額いっぱいの積み立てをする必要があります。それを踏まえて個人的には以下のような商品をおすすめします。

  1. 低コスト
  2. 分散
  3. ある程度のリスクは取る(リターンの期待もできる)

 

以上のことを考慮して楽天証券で商品を選択すると

当ブログでは「楽天全世界インデックスファンド」(楽天VT)を推奨します。これ一本で国際分散投資が可能な投資信託です。途中で運用商品は変更できますので、慣れてからeMAXIS Slimシリーズで自分なりのポートフォリオを組んでも良いですね。なおiDeCoは申込から開始まで3ヶ月くらいかかります。
 

 

投資にリスクはつきものです。自己責任でお願いいたします。