バンガード五郎 ETFを買う

バンガードの低コストインデックスファンド・ETFをバイ&ホールド

【Excel】ポートフォリオをグラフ化してみました【簡単】

f:id:iceman893:20180909090421j:plain

こんにちはバンガード五郎です。

今日は初めてExcelを使ってマイポートフォリオのグラフ化に挑戦しました。

ひとつの証券会社、かつ単一の口座種別だけで運用をするだけなら証券会社の用意したツールなどを使えば簡単なのですが、昔と違いNISA・つみたてNISA・iDeCoなどを利用していたり、複数の証券会社に分散して運用している人の方も多いのではないでしょうか。そのような場合、瞬時に総トータルの資産確認がしにくいものです。

 

グラフ化へデータを集める

投資信託をドル換算した

保有資産に米国ETFが多く含まれるため、まず通貨を合わせるためにドル換算で統一します。

方法は時価評価額(円)をドルに(その時の相場で)換算します。

私の場合は楽天証券でつみたてNISAとiDeCoをやっていて「楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)」がありますので、円表示の時価評価額を無理やりドルに換算しました。さらに面倒なのでETFの本家VTIと楽天VTIを合算してVTIとしています。

 

ETFはドル換算での時価評価額を調べるだけ

次にSBI証券で運用している妻名義のNISA口座です。ここにはドル転して買ったETFしかありませんので簡単に調べられます。各ETFのドルでの時価評価額を調べるだけで完了です。以上で入力に必要なデータが揃いました。

 

EXCELでグラフ作成

 1.シートに各データを入力する

f:id:iceman893:20180909093957p:plain

関数も必要ない簡単な表ですので誰でもできると思います。ドル換算した評価額を入力します。

 

 2.いよいよグラフ化です

上の表に数字を入力したら表全体を選択してグラフメニューからお好みの円グラフを選ぶだけです。ここまでできればほぼ完成したようなものです。

f:id:iceman893:20180909094750p:plain

 

 3.データラベルを編集

これだけではどのETFを何%保有しているかわかりませんし、右の凡例をいちいち見ないとどの色が何なのか非常に見にくいですね。見栄え良くなるように少し手を加えます。

①グラフタイトルを評価額(ドル)からマイポートフォリオに変更します。

②グラフ内のどこでも良いので右クリックしてデータラベルの追加をクリック。

③グラフ上に評価額が表示されるので分類名とパーセンテージにチェックを入れて値についていたチェックを外す。

f:id:iceman893:20180909095927p:plain

④グラフ右側の凡例を削除する。

以上のことで少し見やすいグラフができました。

f:id:iceman893:20180909100150p:plain

最後にフォントの大きさなどを調整して完成です。グラフ上で右クリックして図として保存したものが以下のグラフです。初めてにしてはなかなかの出来ではないでしょうか。

f:id:iceman893:20180909100248j:plain

 

このシートをテンプレートとして保存しておき、評価額を上書きするだけでグラフは更新されますから一度作っておけば永遠に使えるわけです。またグラフ化することにより視覚的にわかりやすくなりますのでリバランスをする時にも参考になります。

 

 

※なおEXCELのバージョンによっては手順が違う場合がありますのでご了承ください。

また入力した時価評価額はあえてぼやけさせております。

 

投資にリスクはつきものです。自己責任でお願いいたします。