バンガード五郎 ETFを買う

バンガードの低コストインデックスファンド・ETFをバイ&ホールド

僕はディフェンシブ銘柄が好きだ

バンガード五郎です。

投資は「つとめてディフェンシブに」を意識しています。最近はHDVやVDCの構成銘柄を見ていると抱きしめたくなってきます。生活必需品バイアスが掛かってかなりヤバイです。

↓VDCのチャートです(stockcharts.com)

f:id:iceman893:20180926194101p:plain

金利上昇の影響は債券だけじゃない

S&P500のセクター別パフォーマンスをみると、生活必需品セクターがいまだに年初来マイナスと大幅にアンダーパフォームしています。

f:id:iceman893:20180919072935p:plain

S&P500の平均が8%程ですから、かなり全体の足を引っ張っています。

そもそも強気相場においてディフェンシブ銘柄はさほどパフォーマンスは良くありません。そして景気に左右されにくく、景気後退時に下がりにくい性質を持ちます。ですから今の経済状況はディフェンシブ銘柄にとって得意な経済状況ではないのです。

加えて生活必需品セクターは金利上昇の影響の影響も受けていると言えます。前回債券について触れましたが、米10年債が3%を超える利回りになっているため、債券に資金が流れ無理に高配当ディフェンシブ銘柄に投資する必要性がなくなってきているためです。このことは生活必需品セクターだけでなく公共事業・不動産セクターにも当てはまります。つまり金利上昇の場面では、ごく普通のことと捉えることができます。

よって今後さらに金利が上昇するようなことになれば、ディフェンシブ銘柄はさらに売られるでしょう。

そのような場面があれば、絶好の買い場と捉え粛々と買い増すだけです。

 

投資は自己責任でお願いいたします。

投資にリスクはつきものです。自己責任でお願いいたします。